MT4

システム構築サイト

よくあるご質問

Q.EAのラインナップを教えてください。

EAの対象通貨と致しまして、スプレッド優位かつ流動性が高く利益が乗りやすい「USD/JPY、GBP/JPY、EUR/JPY、EUR/USD」の4通貨ペアを対象としています。
ベーステクニカルにつきましては、ごく一般的なボリンジャーバンド、RSI、MACD、一目均衡表をはじめ、ブレイクアウト系などでは独自テクニカルを開発しロジックに導入。検証時間軸も、1時間、30分、15分、5分と多様です。
EAの構築に際しましては、実運用に十二分に耐え得る前提にて、損益カーブの安定および総損益を追求した組み合わせとなっており、結果としてスイング、デイトレ、スキャルピングの各種カテゴリに対応しています。

また市場に出回っているEAのなかには、損益カーブが極めて直線的、あるいは不自然すぎるくらい高いP/FをもつEAがありますが、これらのロジックには「ナンピン、マーチンゲール」を採用しているものが多数見受けられます。
これらは、極めて「賭博的」な要素が強く、コツコツ積み上げてきた利益が一度のロスカットで吹き飛びます。
なお、理想的なEAは、①ドローダウンが小さく、②損益カーブのフラット性が高く(分散が小さい)、③トータル損益が高く、④平均P/Fも高水準であることが求められます。
弊社EAでは、全EAにおいて「自己復帰機能」をロジックに搭載しており、カーブフィッティングを一切行わない基本設計となっています。総損益、勝率、P/Fなどは常識レベルのものとなっておりますが、「ナンピン、マーチンゲール」を一切行わないため長期的にも安定した損益確保が期待できます。

また弊社EAは、単一EAによる運用はもとより、複数EAによるポートフォリオ分散運用にて、さらなる高効率運用が実現可能です。

Back To Top

Q.取引業者の指定はありますか?

弊社EAの運用に際しまして、特段の口座縛りはありません。

Back To Top

Q.自己復帰機能とは、どのような機能ですか?

自己復帰機能とは、これまでの損益状況をプログラム的にリアルタイムに解析しながら、まさに現時点での相場に最適なフィードバックゲインにて次サインを生成するものです。一切のカーブフィッティングを行わないため、短期でロジックが機能しなくなる欠点を徹底排除しており、結果的に広い相場カバー領域をもち長期で安定したトレースが可能です。
また、取引業者の違いによるレート差・スプレッド差から発生する損益落差をも最小限に吸収する機能としても有効に作用します。

Back To Top

Q.返品は出来ますか?

商品の性質上、返品には対応致しておりません。但し、商品の動作異常・不良等、明らかに弊社に起因する事象発生の場合にはEA交換にて対応させて頂きます。

Back To Top

Q.使用期限はありますか?

使用期限はありません。機能する限りご使用頂けます。

Back To Top

Q.EAは管理されていますか?

当EAはシリアル番号および隠れIDによる一元管理を行っており、不正行為を監視・防止しています。
EAの転売、譲渡等、本契約の違反を発見した方は弊社までご連絡下さい。

Back To Top

Q.EAの使い方で分からないことがでてきたら?

使い方につきましては、EAと同送致します操作マニュアルに詳細が記載されておりますが、ご不明な点はメールでもサポートしております。

Back To Top

Q.運用のコツはありますか?

一般的に、運用のリスク回避策には「分散投資」の有効性が認められており、特にEAは「分散投資」効果の得易い運用手法です。
時間軸の異なるもの同士、テクニカルの異なるもの同士、あるいは通貨ペアの異なるもの同士を組み合わせるなど、複数のEAのポートフォリオを組むことでリスクヘッジが実現できます。
なお、ポートフォリオ運用を実現しやすくするため、EA2本のご購入でご希望のEA1本を無償提供するサービスも行っております。

Back To Top

Q.パフォーマンスが下がって来たら?

当EAは十分なバックテストとフォワードテストによりシステムの有効性を確認しています。原則として、目先の損益のアップダウンに狼狽せず中長期的に運用を継続することがポイントです。それでもメンタル的に耐えられない場合には、前記した「分散投資」によるリスク低減策も有効です。

Back To Top

Q.ロジックはどのようになっていますか?特徴は?

一般的に、過去の相場状況に最適なロジックを求め過ぎることがオーバーフィッティングにつながり、肝心な実運用の際にシステムの有効性が損なわれます。バックテストだけに捉われていると、この「失速」が強く懸念されます。
当EAには、これまでの経験から、実運用の際にスペックダウンが起こりにくいよう自己復帰機能を搭載していることが大きな特徴です。

また、通常の単一ロジックからなるEAの場合、不得意相場が続くと損失が拡大、そのまま資金がショートするケースがあります。
当EAでは、上記「自己復帰機能(フィードバックロジック)」の採用にて、相場状況が変化しても一方向に判断が流れないよう市場の変化に絶えず追従するよう工夫されています。

Back To Top

Q.将来的な結果見込みは?

バックテストとフォワードテストにより性能を評価しています。未来永劫に渡りシステムの有効性を保障するものではありませんが、フォワードにて一定期間継続してパフォーマンスを発揮していることを確認しています。

Back To Top

Q.画面に張り付いて見ている必要はありますか?

EAはMT4にて稼働する完全自動売買システムです。従いまして、ときどき損益の確認をして頂くのみで、基本的にザラ場にチャートを見る必要はありません。なお、回線不通や停電対策、またPCのシャットダウン対策として、VPSでの安定稼働がお勧めです。

Back To Top

Q.EAのことがよく解らないのですが、大丈夫でしょうか?

EAの導入に際し、PCの複雑な知識や難しい操作は必要ありません。EAと同送の操作マニュアルに従いセッティング頂くことで、どなたでもスムーズに自動売買をスタートさせることが可能です。

Back To Top

Q.EA利用の際に準備事項はありますか?

PCにMT4がインストールされていましたら、EAを入手頂くだけで運用を開始頂けます。

Back To Top

Q.マーケットインパクトの懸念について

FXクラスのマーケットでは、多数の方々の使用によるマーケットインパクトの懸念はまずありません。
しかしながら、EAの損益曲線を維持し続けるためにも本数管理を行いながら、現在は開発EAを若干名の方に
使って頂くことを目的として一時的に公開しています。

Back To Top

Return Top